【1890万件】佐賀安い引越し業者【口コミランキング】/人気で安い料金のおすすめはドコ?

kobetete.png

佐賀で小学校の転校手続きについて

2.png引っ越しが決定した際、お子さんがいれば転校のための手続きが必要となってきますよね。

転校手続きというのが、いろいろと出向かなければいけない上に、必要書類も多数あり困ることも多いと思います。
急きょ決定した引越しの場合は、新しい住所が決まっていないケースもあると思いますが、事前に準備しておけばそこまで苦労せずに転校手続きを進めることが出来ると思います。

こちらでは、子どもを実際に転校させた経験のあるサイト管理人が、順を追って手続きに関する必須ポイントをまとめています。
 

小学校の転校手続きQ&A

Q.事情があり、転校先の新しい住居がまだ決められていません。小学校の転校手続きはできるのでしょうか。

A.転校とは仕方なくする場合もありますので、特別に許可されるケースがあります。例は、同居人の暴力やつきまとい等の被害で転居したいが、まだ固定の住所を決定できない場合です。特例に当てはまっていますから、悩まずに相談しましょう。
また特認校というような小規模な学校があります。離れた住まいからでも通学できる運営体制になっています。

Q.小学校の転校をする際、学校・市役所・教育委員会に子どもも連れて行ったほうがいいのですか?

A.転校前の学校は保護者だけでやり取りをして、書類の提出等した方がいいでしょう。いつのタイミングで、転校するかを児童たちに伝えるかなど、担任と相談がされると思うので、かえって子供がいると話しづらいと思います。
新しい学校では先生側も子ども側も、お互いが見ておくべきでしょうし、一緒の方がいいですね。ただ、何か話しておくことがあれば先生にお伺いし、別の席を設けましょう。

佐賀の教育委員会
住所:佐賀市大財3丁目11番21号 大財別館3階 
電話:0952-24-3151(代表)
 

Q.公立から私立へは転校OKですか?

A.可能ですが、通常私学の方が勉強の進捗状況が事が多いです。転校してからキチンとした学習状況の把握は必須と言えます。


急な場合は仕方がありませんが、特に区外等への転校の際は、転校手続きだけでも何日か必要になる事と思います。そして両親とも働いている家庭だと、必要な書類集めなどが仕事のある日にできないため、「この続きは1週間後」ということもあり、スムーズに進まないケースもありがちです。

新居に引っ越す1週間前までに転出届を提出し、新しい家に住んだら14日以内に転入届、そして同時に学校への届け出もやってしまわないといけません。

学校道具を買ったり、時間がどれだけあろうと足りない状態になりそうなので、できることなら、極力学校の長期休みの季節にするのが一番だと思われます。

夏・春・冬休み中にゆったりと手続きを取りながら子どもの状態をよく見ておき、ケア、フォローをすることが大事ですね。
kobetete.png